忍者ブログ
キャッシング情報ブログ
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◇羽根付きボールふんわりと
 第15回毎日新聞社杯県ターゲット・バードゴルフ交流大会(毎日新聞水戸支局など主催)が27日、常陸大宮市やすらぎの里公園のターゲット・バードゴルフ場で開かれた。
 ターゲット・バードゴルフは、日本で生まれたニュースポーツ。合成樹脂製の羽根付きボールを普通のゴルフクラブで打つミニゴルフの一種。ホールはパラソルを逆さにした形状をしていて、羽根付きボールをふわりと高く打ち上げる技術が要求される。全国の競技人口は10万人、県内では1万人といわれる。
 大会には県内の愛好者約150人が参加。好天の下、パー72のストロークプレーで熱戦を繰り広げた。
 上位入賞者は次の通り。(敬称略)
 ▽一般(59歳以下)男子=(1)鈴木仁(常陸太田)(2)岡部忠伸(下妻)(3)青木儀男(桜川)(4)石崎哲生(常陸太田)(5)飯山実(桜川)
 ▽同女子=(1)荻野三代(水戸)(2)岩間輝子(日立)(3)秋山京子(常陸太田)(4)田村敏子(笠間)(5)東村操(同)
 ▽シニア(60~69歳)男子=(1)岩間薫(日立)(2)引田弘志(同)(3)豊口包昭(桜川)(4)佐藤啓(日立)(5)京谷友明(同)
 ▽同女子=(1)大串みつ江(常陸太田)(2)吉成京子(ひたちなか)(3)藤田ナミ子(桜川)(4)伊藤令子(日立)(5)内田勝子(常陸大宮)
 ▽ゴールドシニア(70歳以上)男子=(1)斎藤芳實(桜川)(2)早川秀秋(常陸太田)(3)宇野恵(常陸大宮)(4)栃窪一男(日立)(5)深谷律郎(桜川)
 ▽同女子=(1)古沢スガ子(常陸大宮)(2)堀田絹子(桜川)(3)深谷信子(同)(4)村田岩子(同)(5)松本栄子(常陸太田)


【毎日新聞より】

<PR>

大塚有里子  北京オリンピック
PR
コクヨグループのカウネットが運営するギフト専門サイト「メールギフト365」にて、お父さんの携帯メールにギフトが贈れる「父の日特集」を5月10日(木)より実施! 同サイトは、“携帯メールを受け取った相手が好きなものを選べる”ギフト専門サイトです。 今回の特集ではお父さんを4タイプに分けて、それぞれのタイプに合ったギフトアイテムを提案。 “デキル男!なパパ”向けには、ノーネクタイでも衿元がきまる人気のドゥエボットーニタイプのこだわり裏地シャツ3枚セットがおすすめ。 “遊び心たっぷり!なパパ”には、2眼レフカメラの完成型として名高いローライフレックス2.8Fをモデルに設計されたミニチュアデジタルカメラをご用意しています。 贈り方はカンタン! まずは会員登録を済ませ、贈る相手に最大5商品のギフトアイテムリストをメールして好きなもの選んでもらうだけ、という手軽さです。 父の日特集では『任天堂Wii』が当たるキャンペーンも実施予定。 照れくさくて「ありがとう」を直接伝えられない方も、このサイトを利用して日頃の感謝を伝えてみませんか。 
http://www.mailgift365.com/(メールギフト365)。 

【ファッションサイトより】

<PR>

父の日プレゼント
カジュアル衣料品大手のユニクロは23日、同社にとって東日本最大となる大型店舗を東京都世田谷区に25日オープンすると発表した。同社が展開するすべての商品をそろえたほか、その場で刺繍(ししゅう)加工できる有料サービスも初めて行う。店舗面積は約3000平方メートルと米ニューヨーク店、神戸ハーバーランド店(神戸市中央区)に次ぐ3番目の規模。世田谷区は東京23区内で最も人口・世帯数が多い大商圏ととらえ、出店を決めた。

 新店舗の「世田谷千歳台店」は季節ごとに約1000種類をそろえ、常時20万点が並ぶ。店内は男性、女性、子供、家庭用品の4つのコーナーに分けた。刺繍加工サービスは1点当たり500円から受け付け、主に近隣大学のクラブ活動のユニホームなどの需要を見込んでいる。

 記者会見した柳井正会長兼社長は「今回の店舗を大型店舗の標準モデルにして、今後の店舗開発に生かす」としている。

 同社は2006年秋に、店舗面積が1650平方メートルの大型店を09年8月末までに国内で100店舗出店する計画を立てており、今回の出店はその一環。“旗艦店”と位置づける銀座店(東京都中央区)を05年秋に開業し、好調であることも大型店の積極展開を後押ししている。

 今後も工場や配送センター跡地などを候補に立地を探していく方針。また、「商品数が増えており、すべてをよりよく表現するにはそれなりの広さが必要」(柳井会長)とも話す。

 ユニクロは「ファッション性が強く、トレンドを打ち出せるブランド」を志向するとともに、10年8月期のグループ売上高は06年8月期に比べ2倍強となる1兆円を目指しており、拡大路線を一段と加速させる。

【フジサンケイビジネスアイより】

<PR>

ボレロ
◇中間子論、大阪で生まれた--豊中の阪大総合学術博物館
 日本人でノーベル賞を初受賞した湯川秀樹博士(1907~81)と、2番目の受賞者、朝永(ともなが)振一郎博士(06~79)の業績や人物像をたどる「素粒子の世界を拓(ひら)く 湯川秀樹・朝永振一郎展」が、大阪大豊中キャンパス(豊中市待兼山町)の阪大総合学術博物館で開かれている。同級生として物理を学んだ京都大のイメージの強い2人。しかし、湯川博士が受賞した中間子論の研究成果を上げたのは、実は大阪大(当時は大阪帝国大)講師時代だった。大阪と湯川博士の接点は、どうやって生まれたのだろうか。【野田武】
 1931年の阪大創立は、地元の産業界が原動力。長岡半太郎・初代学長は回顧録で「理工の間のねずみ色の学科に重きをおく」と記したように、学術振興を産業発展につなげようとした。そこで、理学部物理学科の主任として招いたのが、電気工学分野で業績を上げていた八木秀次・東北大教授だった。
 京大講師当時の湯川博士が研究していた量子力学は、「今では理論物理学と思われているが、当時は最先端の応用的学問だった」(江口太郎・同博物館長)。33年、湯川博士は仙台での学会の際に八木教授と出会う。阪大の活気ある様子を聞いて、応用的な自分の研究は阪大が向いていると思った。八木教授に頼み込み、すぐに阪大へ移った。
 八木教授の指導は厳しかった。同じ分野で論文発表していた朝永博士を引き合いに、なかなか成果の出ない湯川博士をしかったことも。しかしこの環境が弾みとなり、赴任後わずか1年半でノーベル賞の受賞論文をまとめた。江口館長は「当時阪大は中之島にあり、静かな京都と対照的な都会の雰囲気にも刺激されたのでしょう」と話す。
 陽子と中性子から成ると考えられた原子核に、別の新粒子が存在することを予見した湯川博士の論文。後に中間子として発見されるが、あまりにも独創的な仮説だったため、学会での反応は冷たかった。それを評価した数少ない学者の一人が、朝永博士だったというエピソードも残る。展示では、2人がやり取りした手紙も公開され、ライバルかつ無二の親友だったことがうかがえる。
 31日まで、午前10時~午後4時半。無料。日曜休館。同博物館(06・6850・6715)。


【毎日新聞より】

<PR>

物理学 翻訳

<おすすめブログ>

http://forbeauty.blogdrive.com/
http://healthyblog.blogdrive.com/
http://becomehealthy.blogdrive.com/
http://www.ebloggy.com/blog.php?username=acablog&id=1
http://www.ebloggy.com/blog.php?username=acablog&id=11


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[03/29 「キャッシング比較申込」管理人]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索